楽天ペイ

楽天ペイで支払いに利用するクレジットカードを変更する方法

楽天ペイは新しくクレジットカードを登録することで、QRコード決済に利用する支払い元に指定することができます。

楽天カードを指定すれば、楽天ペイ決済0.5%に加えて、楽天カード決済1.0%で合計1.5%の還元となりお得です。

この記事では、楽天ペイの支払いカードを変更する方法、新しくカードを登録する方法について説明していきます。

楽天ペイで支払いをするクレジットカードを変更する方法

楽天ペイで利用するカードを変更するには、楽天ペイのアプリを開き、画面の左上のメニューボタンをタップしてください。

メニューが表示されたら、「設定」を選択します。
そうすると、「お支払い元の設定」という項目があるので、タップしましょう。

現在、登録されているクレジットカードの一覧が表示されるので、利用したいカードを選択して「このカードを選択」をタップすればカード変更が完了です。

楽天ペイに新しいクレジットカードを登録する方法

まだ登録していないカードを支払い元に指定したい場合には、新しくクレジットカードを登録しましょう。

楽天ペイのカード情報は、楽天の会員IDの支払い方法と紐づいています。

そのため、新しくカードを登録するには楽天市場へログインしてください。
会員情報の「登録内容の確認・変更」で、「クレジットカード情報の確認・変更・追加・削除」を選択します。

そこで、「新規カード情報の追加」から、新しく利用したいカードの情報を追加してください。

正常に登録ができれば、楽天ペイの支払い元にも反映されるはずです。

楽天ペイで利用できないクレジットカード

ただし、楽天ペイには支払い元に設定ができないカードもあります。

まずは、Visa/MasterCard以外の国内発行のクレジットカードです。
現段階では、JCBやAmerican Expressなどのブランドを楽天ペイでは利用することはできません。

楽天の会員情報に登録ができても、楽天ペイでは使えないので注意してください。

また、楽天ペイに登録しようとしてもエラーコードが表示される場合も、支払いカードとしては利用不可です。

楽天ペイに登録ができるカードについては「楽天ペイで使えるクレジットカード|楽天カード以外も含めたおすすめベスト3」で詳しく説明しているので参考にしてください。

楽天ペイで登録中のクレジットカードの有効期限が切れたときの対処法

楽天ペイで登録しているクレジットカードの有効期限が切れた場合には、そのカードをそのまま利用することはできません。

楽天カードの場合には、有効期限が切れても自動的に更新された後のクレジットカードの情報へと変更されます。
クレジットカード番号は変わらずに、有効期限だけが変更されるため、新しく登録し直す必要はありません。

有効期限だけの変更なら手続き不要ですが、カード番号も変更された場合には新しくクレジットカードの登録をし直しましょう。

まとめ:楽天ペイのカード変更はアプリから可能!

楽天ペイの支払い元のクレジットカードは、アプリの設定から変更ができます。
すでに楽天の会員情報に登録してあるカードなら、アプリ上から利用したいカードを切り替えるだけでOKです。

ただ、未登録のクレジットカードの場合には、新しく楽天の会員情報にカードを追加しなくてはいけません。

また、登録してあるクレジットカードでも、VisaとMasterCard以外だと楽天ペイの支払い元に指定することは不可です。
例外となるのが楽天カードで、楽天カードであればVisa/MasterCard/JCB/AMEXの4ブランドが利用できます。

一度、クレジットカードを登録しておけばかんたんにカード変更ができるので、よく利用するカードは登録しておくと便利でしょう。