未分類

国民年金保険料をお得に支払う方法!前納・クレカ・口座振替など徹底比較

個人事業主やフリーランスの方などは国民年金に加入していると思いますが、保険料とは異なり年金の支払い額は所得に関係なく一定です。

そのため、節税したとしても毎年の負担は変わりません。

会社と負担を折半している給与所得者と比べて将来貰える年金も少なく、なかなか大変ですよね。

ただ、年金にもお得な支払い方法があることを知っていますか?

この記事では国民年金保険料をお得に支払う方法を、様々な角度から検証した結果をまとめていきます。

国民年金保険料は月額いくら?

国民年金保険料は年度(4月〜翌年3月まで)ごとに見直しが行われているため、その年度によって月額が異なります。

例えば、2020年4月〜2021年3月までは「月額16,540円」です。

ちなみに、前年度は16,410円でした。

見直しによって大きく金額が変わることはないでしょうが、このように年度ごとに若干の差があるのです。

過去5年間の国民年金保険料の推移
年度 国民年金保険料(月額)
令和2年4月〜令和3年3月 16,540円
平成31年4月〜令和2年3月 16,410円
平成30年4月〜平成31年3月 16,340円
平成29年4月〜平成30年3月 16,490円
平成28年4月〜平成29年3月 16,260円

国民年金保険料の支払い方法

次に国民年金保険料の支払い方法について確認していきましょう。

年金にはいくつかの支払い方法があり、その方法によっては割引が適用されるケースもあるのです。

年金の支払い方法
  • 金融機関の窓口(銀行、信用金庫、郵便局など)
  • Pay-easy(ATM、ネットバンキングなど)
  • コンビニのレジ
  • 口座振替
  • クレジットカード(継続納付)

簡単にそれぞれの納付方法について以下で説明していきます。

金融機関の窓口(銀行、信用金庫、郵便局など)での納付

 

Pay-easy(ATM、ネットバンキングなど)での納付

 

コンビニのレジでの納付

 

 

口座振替での納付

 

クレジットカード(継続納付)での納付