楽天カード

楽天カードを発行できる年齢は何歳から?高校生・大学生は審査落ちる?

楽天カードの申込には年齢制限があります。
法律によって決まりがあるわけではありませんが、多くのクレジットカード会社は18歳以上というのを条件としています。

楽天カードにおいても同様で、18歳以上であれば申込ができます。

※高校を卒業していれば、未成年の方でも保護者の同意があれば申し込み可能です。

楽天カードは18歳以上なら高校生・大学生でも申し込める?

18歳以上なら申込ができると言いましたが、高校生の場合には申込不可です。

アルバイトをしていたとしても高校生の場合には楽天カードの申込はできないため、高校卒業まで待つ必要があります。

楽天カードの申込条件をみると次のように記載されています。

高校生を除く18歳以上の方であればどなたでもお申し込みいただけます!
※審査の結果ご希望に添えかねる場合もございます。あらかじめご了承ください。

大学生であれば申込条件を満たしていますが、未成年の場合には親権者の同意を得なくてはいけません。

未成年の楽天カード申込には親権者の同意が必要

高校を卒業したとしても、18歳、19歳の場合にはご両親などの親権者の同意が必要となります。
ご両親から楽天カード申込の了承を得ていれば問題ありません。

クレジットカードの申込をすると本人確認、在籍確認がされることがあります。

在籍確認とは、職場などに連絡をしてその職場で働いているかを確認することです。
学生を含む無職の場合にはそもそもの連絡先がないため在籍確認は行われませんが、学生であってもアルバイトなどをしている場合にはバイト先に連絡がいくケースもあります。

本人確認は、申込内容に誤りがないか、申込をしたのは本人かどうかを確認するためのものです。
未成年の申込の場合には、自宅などへの連絡によって親権者の同意を得ているかを確認することがあるのです。

>>クレジットカード選ぶなら楽天カード!<<

楽天カードには学生向けの「楽天カードアカデミー」がある

楽天カードには、通常の楽天カードの他に学生むけクレジットカードである「楽天カードアカデミー」があります。

通常の楽天カードとは申込条件が異なり、楽天カードアカデミーを持つことができるのは「18歳〜28歳までの学生」だけです。

ただし、楽天カードと同様に高校生の申込はできません。

楽天カードアカデミーには、楽天カードにはないメリットもあるので、大学生にはおすすめと言えます。

楽天カードと楽天カードアカデミーの違い

楽天カードと楽天カードアカデミーには、申込条件の他にもいくつか違いがあります。

まず、楽天カードアカデミーは特典として一部の楽天グループサービスでもらえるポイントの倍率がアップします。
例えば、楽天Booksや楽天トラベルなどの利用で通常よりもたくさんのポイントがもらえます。

参考書などの購入でも利用する機会が多い楽天Booksや、まとまった金額になる高速バスの予約を楽天トラベルをすることでお得にポイントを貯めることができるのです。

また、大きな違いではないかもしれませんが楽天カードアカデミーはVisaかJCBかの2つから選択ができます。

Mastercardの選択はできないのですが、楽天カードの場合にはどのブランドを選んでも大きな違いはありません。
個人的には海外での加盟店も多いVisaがおすすめです。

JCBは日本国内では問題なく利用できますが、海外だと観光客が行かないようなお店ではJCBのクレジットカードが使えないケースもまだあります。

18歳以下の場合にはデビットカード・ポイントカードがおすすめ

18歳以下で楽天カードの申込ができない場合には、楽天銀行デビットカード、もしくは楽天ポイントカードがおすすめです。

楽天銀行デビットカードは16歳以上であれば申込ができるので、高校生でもカードの発行が可能です。

クレジットカード、デビットカードとは使い勝手はだいぶ変わりますが、中学生であれば楽天ポイントカードをおすすめします。

楽天銀行のデビットカードは16歳以上なら申込できる

クレジットカードは、支払い金額を翌月以降の決まった日付に引き落としをするという後払いになります。

後払いである以上、クレジットカードを持つ人が信用できるかどうかが発行する上ではポイントとなるのです。

一方デビットカードは、支払いと紐付けした銀行口座からの引き落としがリアルタイムで行われます。
そのため、銀行口座の残高以上の支払いはできないのですが、クレジットカードと同じようにカード1枚で支払いができるので便利です。

収入による審査はないので、16歳以上という年齢の条件を満たしていればデビットカードの発行ができます。

年齢制限なしの楽天ポイントカード

楽天ポイントカードは、楽天会員のIDと紐付けを行います。
そうすることで貯まっている楽天ポイントを、楽天市場などのネットサービスだけでなく、マクドナルド、ミスタードーナツなどの街の加盟店でもポイントで買い物ができるようになります。

また、楽天ポイントカードには電子マネーのEdyがついたものがあります。
あらかじめ現金などで入金しておくことで、Edyが利用できるお店なら現金がなくても支払いができるようになります。

Edyで支払いをすると200円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まるので、現金で払うよりもずっとお得になるのです。

楽天家族カードなら18歳未満でも持てる?

クレジットカードには、家族カードというサービスがついているものがあります。

楽天カードにも家族カードがあり、楽天カードを保有している方の家族に対して発行することができます。

しかし、楽天カードの家族カードが持てるのは「生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)」です。

そのため、家族であっても18歳未満の場合には家族カードを持つことはできないのです。

家族カードであっても、カードの裏面には自分の氏名を記名します。
そして、買い物ができるのは記名されている本人だけとなります。

申込年齢の詐称は楽天カードの規約に違反する?

楽天カードの規約を確認すると利用停止となる条件についての記載があります。

その1つに、申込にあたって虚偽の申告をした場合というものがあります。
つまり、年齢などを偽って申込をするのは規約違反となり、楽天カードの会員資格が停止となってしまうのです。

虚偽の申請をした情報は、クレジットカード会社側には残り続ける可能性もあるため、そうなると18歳以上になったとしても審査に通らないことが考えられます。

学生の楽天カード審査には収入は関係する?

クレジットカードの審査基準は、会社によって異なる上、具体的な基準は非公開とされています。

ただ、発行されるかどうかは次の2点がポイントになります。

  • 返済能力があるかどうか
  • 過去の返済に問題がないか

例えば、全く収入がない場合にはクレジットカード払いをした金額を返済できるかが疑われます。
パート、アルバイトでも収入を得ているかが1つのポイントになります。

また、主婦・主夫であれば配偶者に収入があるかどうかがポイントになるでしょう。

過去の返済の問題とは、以前にクレジットカードなどの滞納歴があるかどうかのことです。
返済が遅れたり、返済ができていなかったりするとクレジットカードの支払いが滞るのではないかと疑われます。

まとめ:楽天カードは18歳以上の高校生以外が申し込める

楽天カードの申込条件には、18歳以上であることという年齢の条件があります。

また、18歳以上であっても高校生の場合には申込はできません。
高校を卒業した18歳、19歳の未成年の方の場合は、親権者の同意があれば楽天カードの申込が可能です。

楽天カードの場合には、楽天カードアカデミーという学生向けのクレジットカードもあります。

アカデミーカード限定の特典もあるので、大学生の方であればそちらを検討してもいいでしょう。