未分類

【au】ガラケーからガラケーへ機種変更する流れと5つの注意点

毎月のスマホ・ケータイ代金を安くする目的で2台持ちをしている方もいますよね。

私も、通話用のガラケー(au)と格安スマホ(楽天モバイル)の2台を使い分けています。

メリットは何と言っても料金で、人によっては毎月の料金が半分くらいになるのです。

ただ、ガラケーにはデメリットもあります。
その1つが、ガラケー自体が古いものが多いため修理サポートの対応が終了している場合が多いのです。

つまり、これからガラケーからガラケーへと機種変更する場合には万が一故障などがあった場合には修理ができないケースがあるのです。

古いガラケーは修理サポートの対象外?

実は、私が使っていたガラケーを機種変更するにいたった理由も故障です。

通常であれば、故障してもauの店舗などに持ち込んで手続きをすれば修理を行ってくれ、なおるまでは代替機が利用できます。

しかし、ガラケーの多くは修理対応が終わっているものも多く、そうなると機種変更以外の方法がありません。

ガラケーの生産は終了していることもあり、今からauで新品のガラケーを購入することはできません。
今持っているケータイのサポート期限はauの公式ページで確認が可能です。

auでガラケーからガラケーへと機種変更をする流れ

auでは新規のガラケーの取り扱いをしていないため、ガラケーを利用するためには持ち込みでの機種変更という形になります。

平日でも混み合っていることも多いので、あらかじめ予約をしてから行くとスムーズです。

機種変更と言っても、端末を渡してあとは手続きを進めてもらうだけなので30分程度あれば完了します。

ガラケーからガラケーへの機種変更で用意するもの

ガラケーからガラケーへと機種変更をする場合には、次の3つを準備します。

  • 今使っているガラケー
  • 新しく機種変更するガラケー
  • 本人確認書類

今使っているガラケーから新しいガラケーへと機種変更するには、auICカードの変更という手続きをしてもらいます。

手続きには本人確認書類(免許証など)が必要になるので、忘れずに持参しましょう。

中古のガラケーはどこで購入できる?

昔使っていたガラケー、家族、友人からもらったガラケーがあれば、それを使って機種変更することも可能です。

また、メルカリなどのフリマアプリでもたくさん出品されています。
ただ個人から購入するのは不安な点もあるので、中古のガラケーを取り扱っている店舗から購入するのがおすすめです。

ちなみに、私はゲオモバイルで中古のauガラケーを購入しました。
購入後30日間の動作保証などもあり、数年前のモデルを購入する場合も安心できます。

auでガラケーからガラケーへと機種変更する前の5つの注意点

機種変更の手続き自体は簡単なのですが、ガラケーからガラケーへと機種変更をする前に知っておきたい注意点があります。

  • 料金プランは機種によって違う
  • 端末の修理サポートは終わっている場合が多い
  • 電話帳などのデータは移行できない
  • 事務手数料がかかる
  • auの中古端末は少ない

料金プランは機種によって違う

auの料金プランは、端末によって選択できるもの、できないものがあります。

例えば、ガラケーと似ていますがガラホ(ガラパゴススマホ)の場合には、ガラケーの料金プランとは異なる場合があります。

ガラケーの料金プランのまま機種変更するなら、今使っているガラケー(3Gケータイ)と同じプランが選べるケータイを用意する必要があります。

端末の修理サポートは終わっている場合が多い

繰り返しになりますが、ガラケーの多くは修理サポートを終了している端末が多いです。

そのため中古のガラケーへと機種変更した場合、その端末が壊れたら、また機種変更をしなくてはいけません。

数か月で壊れるケースはまれだと思いますが、修理サポートが受けられないデメリットがあることは覚えておきましょう。

<4h>電話帳などのデータは移行できない
ガラケーが壊れる前であれば電話帳などのデータを移行する方法はいくつもあります。

ただ、ガラケーが壊れてしまってからでは、新しいガラケーへと電話帳などのデータを移行できない可能性もあります。

できればSDカードなどを使ってバックアップをとっておけると安心です。

事務手数料がかかる

ガラケーへの機種変更には事務手数料がかかります。

auICカードを交換するのにかかる手数料で、3,000円が必要になります。
ただ、翌月の電話料金と一緒に請求がくるため、手続き時には支払いの必要はありません。

auの中古端末は少ない

auはdocomoなどと比較して、中古のガラケー端末の数が少ないです。

私は3店舗を回ったのですが、取り扱いをしていたのはゲオモバイルだけでした。

ゲオモバイルも中古のauガラケーは2台だけと、選択肢は多いとは言えません。

大きな店舗や、ネットを駆使すればもっとたくさんの端末が見つかると思いますが、好みの端末を見つけるのであれば少し時間がかかるかもしれません。

まとめ:auでガラケーからガラケーへの機種変更の流れ

ガラケーからガラケーへと機種変更するには、新しい端末を持ち込んでauICカードの変更の手続きをしてもらいます。

手数料は3,000円が必要なので、機種変更でかかる費用は機種代金+手数料です。

auでは新規のガラケーの取り扱いをしていないため、中古の端末を準備しなくてはいけません。

徐々に中古市場でも状態の良いauガラケーが少なくなっているので、時間があれば何店舗か回る、ネットで探すといいでしょう。

メルカリにも中古端末が多く出回っており、条件を指定おくと出品があった場合に通知をもらうこともできて便利です。